ads


デリバティブの規模

デリバティブの規模

デリバティブの規模は、2011年末時点で647兆ドル(約5京円超)となっている。

このうち、金利関連契約が504兆ドル(約4京円超)。
金利が0.01%の変動があれば4兆円の利益(または損失)が発生する。

銀行貸出残高は30兆ドルなので、いかに巨大な規模になっているかがわかるだろう。

(数字は、日米欧の中央銀行で構成される国際決済銀行(BIS)より。)

LIBOR(ライボー)の金利不正操作は、上記のようなわずかな金利変動によって莫大な損益がもたらされてしまう舞台なのだ。

LIBORの不正操作による影響

モルガンスタンレーの試算によると
欧米のおもな11行が関与していた場合、
罰金と訴訟費用で1兆1700億円の損害がでる。
としています。

また、
運用資産18兆円とされるアメリカの公的年金基金カルパースは損害額が約4億円と試算しています。

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Get Adobe Flash player