タグ ‘ 社会問題

ユーロ100円台 10年4か月ぶり ギリシャは11月2週まではもつ!?

2011年10月4日、ユーロは100円台に突入。

  1. ギリシャの財政問題が堂々めぐりを続けており、話が進んでいないこと。
  2. ユーロ圏財務相会合は、第2次ギリシャ支援パッケージで同国債保有者が損失負担の拡大を迫られる可能性を示唆。
  3. また、ギリシャの破綻回避に必要とされる80億ユーロの追加融資の審査で、ギリシャ融資の次回分80億ユーロの実行に関する決定を今月13日以降に延期。(2回目の延期)
  4. 2011年の財政赤字が国内総生産(GDP)比で8.5%に達すると同国政府が発表。(目標は7.5%)
  5. 次回の会合として13日に予定されていたユーログループ会合についても、この日までに十分な要素が集まらないということからキャンセルすることとなった。
  6. ギリシャのデフォルト=債務不履行は断固として阻止するともしていて、現在、実施しているギリシャの財務状況の調査結果などを踏まえて、今月中にも最終決定される見通し。
  7. ユーロ圏の各国はギリシャに対し、2011年、2012年に続き、2013年、2014年についても新たに経済政策や民営化を求めることとした。
  8. ギリシャは、11月の第2週までは融資がなくとも破綻はしないだろうとの見通しを明らかにしました。
  9. ギリシャの発言では「必要な条件を満たすことができるだろう」とした。

一方で、市場はギリシャのデフォルトを本格的に織り込みにきているそうな。
ユーロは100円割れも見えてきているという話も。
しかし、ユーロが100円割れになれば、為替介入もあるかもしれないとの見方もある。
まったく先が見えませんが、実際ギリシャのデフォルトがかなり織り込まれてきていて、どのような形でデフォルトするのか?
というところが注目なんでしょうかね。。。

ギリシャは11月2週までは追加融資がなくても、デフォルトしない。
というのは少しほっとしました。

ドイツEFSF可決 ギリシャはデフォルトするならいつ?

ドイツで、賛成多数で可決した欧州金融安定化基金(EFSF)。
ギリシャの危機がスペインやイタリアに飛び火するのを防ぐためには、ETFSの拡充が不可欠。

EFSFは、の略で、日本語では「欧州金融安定基金」とも呼ばれ、2010年5月のギリシャ危機を踏まえて、EU(欧州連合)の27の加盟国によって合意された、ユーロ圏諸国の救済(資金支援)を目的とした基金。
ユーロ参加国は17か国。

EFSFは、最終的にユーロ参加国は17か国の承認が必要となります。
現在、承認に不透明なのはスロバキアのみ。

ギリシャは支援融資がなければ10月15日にも資金が尽きデフォルトになるおそれがある。
そうなれば、ほかの国に飛び火して世界金融危機になりそう。

今後の注目イベントは
13日 ユーロ圏財務相会合
14日 G20

これから、2週間が正念場になりそうです。
なんとかなりませんかねぇ・・・

被災失業者が仕事につけない1つの理由

震災で職を失った人数(自己申告のみ)
宮城、岩手、福岡で6万人以上

失業手当の給付期間は90日~330日。
政府は給付期間を延長したものの、10月下旬には打ち切られる人が出てくる。

しかし、現在宮城県内の一部では、建築制限で、工場再建の前に立ちはだかり、失業者の働き口がなかなか戻ってこない事態になっている。

建築制限とは、無秩序な開発を防ぐため、新たに建物を建ててはならない。
というものです。

この建築制限は、これからどのようにどんなやり方で復興していけるのか?
何も明確になっていないため、ただただ「制限」だけがかかり復興の妨げになっている。

建築制限について、気仙沼市役所都市計画課の話

Q.どうして、自分の土地で工場を再建してはいけないのか?
土地を持っている人が自分の敷地で工場を再開してしまうと、前と同じ街にしかならないため。

Q.今後どんな街をつくるのか?
今月中(9月)に復興計画というものをつくるという作業をやっている。
災害復興にあたって、当然地方自治体だけのお金で出来るものではないので、国に最大限支援をお願いしている状態です。
制度の変更や制度の新規作成をお願いしているところです。
すでに、市としてできることがやっている。

という。

しかし、国からの明確な返答なないという。

国が言うには、東日本大震災の復興財源は13兆円だそうです。
この復興財源の13兆円は復興ビジョンが示されていないのに、どのようにしてはじき出されたのでしょうか?
やはり増税したいだけなのではないか?と考えてしまいます。

[TVタックルにて]

ユーロ10年ぶり安値。一時101円台

ユーロは2001年6月以来の約10年ぶりとなる安値、一時101円95銭をつけた。
ギリシャなど欧州債務問題への懸念で、海外ファンドなどの投機筋がユーロ売り、円とドルを買う動き。

リーマンショック前はユーロ円は160円台だった。
それが、リーマンショックで一気に110円台半ばへ円高が進んだ。
その後、130円台後半へ戻すも、ギリシャ問題が表面化して再び110円台半ば~前半へ。
現在は、100円を切りそうなところまで円高が進んでいる。

市場では、欧州債務問題の解決に向け必要となる欧州金融安定基金(EFSF)の機能拡充をめぐる29日のドイツ連邦議会の採決に
「(否決するという)悲観論が優勢となっている」(住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジスト)。

10月3日にはユーロ圏の財務相会合が開かれるが、
「ギリシャ問題に進展がない限り、流れは変わらない」(外資系証券)
という声も。

他の海外通貨も、円高が続いている。

経団連の米倉弘昌会長は26日の定例記者会見で、円高が続いていることについて
「対ドル、対ユーロばかりでなく、韓国や新興諸国の通貨もつられて切り下がっている。企業として大変な四苦八苦の状況に追い詰められている」と指摘。
「政府、日銀が連携をとって、介入を含めた円高対策を断固としてやっていただきたい」と要望した。

原発反対!とかじゃなくても・・・許せない

北海道電力のシンポジウムやらせ問題。
北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)増設の賛否を巡って、2000年3月に泊村で開かれた道主催の「道民のご意見を聴く会」で、複数の北電社員が住民に賛成の意見表明を依頼したと認めた。
3号機のプルサーマル計画を巡る2008年のシンポジウムでの社員を動員してのやらせ問題発覚している。

今回、やらせの関与を直接認めた北海道電力。
そんなに原発稼働させたいのかぁ。
どんな得があるんでしょう?

こんなアンフェアなことやられてたら、原発反対!ってわけじゃないけど、
「原発は止めて欲しい。」
と思うようになります。

原発は、電力の安定供給とか、火力発電を減らすとかっていうところで現時点では必要だと感じます。
(数字上どうとかはわかりませんが・・・思い込み?洗脳されてる?)

そんな風に思っている私でも、
「やり方汚ない!」
「そこまでするのって異常な執着心だな。
何か裏にあるんだろうな。」
と想像つくところです。

電力会社解体、実行に移す時なんじゃないっすかね~

今やらないと
「電力の安定供給に懸念がありまして・・・」
とかはぐらかしてくるでしょ~。

これまでの体制が変わって電気代安くなれば、日本企業は楽になることはわかってる。
「日本の電気代が高い。」
って言われてるのだから、そろそろ変えましょうよ。

逆に電力会社は
「原発停止して、火力の燃料代がかかってます。
なので、電気代値上げします。」
ですもね。

こんなに問題起こしている会社が、これまかり通るみたい。
おかしいよ。。。
電気代値上げは国に申請しなきゃいけないけど、普通にスルーですもんね。
癒着かぁ。天下り先確保??票の確保??
自分さえよければいい感が漂ってるもんなぁ。

電気を買う側に、どこから買うかくらい選択できる状況になってほしいよ。

ギリシャどうなっちゃうの?何回目の懸念?

本日の欧州の為替・株式は大幅下落。
もう何度目でしょうか。
ギリシャのデフォルトが現実に起こるという懸念。

ギリシャ国債の保証コストは8日、91%のデフォルト確率を示唆し、欧州の銀行間の貸し渋りを示す指標も今週、約2年半ぶりの水準に上昇。
ドイツ政府は、ギリシャのデフォルトに備えた準備を始めているという。
2008年に導入されたドイツ政府の銀行救済ファンドを引き継ぐ基金を活用し、銀行の資本増強を助ける可能性がある。

ギリシャは救済プログラムに基づく合意を「完全に実行する」決意を表明している。
ギリシャのベニゼロス財務相
「ギリシャが破綻するという組織的な『うわさ』が浮上するのはこれが初めてではない。ユーロとユーロ圏全体に対する組織的な投機だ」
と声明を発表。
ギリシャ デフォルトの噂を退けた。

たった2ヵ月ほどで、世界の株式市場では7月初め以降、時価総額にして約5兆ドル(約387兆円)が失われた。

思えば、7月後半に、ムーディーズは、ギリシャ債は「事実上100%」の確率でデフォルトになるとの見通しを示していた。 
ギリシャのソブリン格付けを「Caa1」から3段階引き下げ、「Ca」とし、見通しは「検討中」としている。

アメリカでは、テロの警戒感もあり9日のダウ工業株30種平均は300ドル超えの下落。
11000ドルを割り込んだ。

再びリーマンショックのような衝撃が世界を走り抜けてしまうのでしょうか。
去年からギリシャに何回振り回されてるんだろう。
実際もう、「ギリシャ」ってキーワードにウンザリ。

来週からの円高要因になりうるイベントたち

今後のリスク回避での円高要因・イベント

  • 26日(金)米ジャクソンホールのシンポジウムでバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長講演
    QE3(量的緩和第3弾)など追加金融緩和への言及に注目が高まっている。
  • 9月2日には、8月米雇用統計の発表。
  • 欧州ではギリシャ支援をめぐる金融安定基金(EFSF)拡充論議
  • フランス国債の格下げ観測

などなどをめぐる動向次第で金融収縮が顕在化する可能性あり。

日本では

  • 2011年度第3次補正予算での円高対策
  • 為替市場介入
  • 金融緩和措置の実施

が期待される。

金融関係者は、週明けにまた急速な円高が進むなら、再度為替介入が行われる可能性は小さくないと考えているようです。

スペイン・イタリア・ギリシャ・ポルトガルなどの失業率まとめ

財政が懸念されているユーロ圏の国々の失業率
スペイン:全体20.9%
スペインの若者(25歳以下)の失業率は46%。
若者の失業率が異常に高い。
若者は約2人に1人は失業状態。

イタリア:全体8.1%
スペインの若者(25歳以下)の失業率は28%。
若者は約3人に1人は失業状態。

ギリシャ:全体15%
ギリシャの若者(25歳以下)の失業率は39%。

ポルトガル:全体12.4%
ドイツ:全体6%
フランス:全体9.5%

ユーロ圏全体の失業率は9.9%。

そのほかの国の失業率
ちなみに日本の失業率は4.6%。
アメリカは、9.1%
カナダは、7.2%
スイスは2.8%
オーストラリアは4.9%
ニュージーランドは6.5%

リーマンショック後、2009年10月にはアメリカの失業率は10.1%でした。
現在9.1%です。
2011年に入り、一旦9%を割りましたが、雇用環境はなかなか改善されていきませんね。
りなみに、リーマンショック前のアメリカの失業率は2008年は5%前後~6%程度でした。

アメリカ 失業率推移

アメリカ 失業率推移

アメリカ累積債務の法定上限について

米連邦政府が抱える累積債務の法定上限14・3兆ドル(約1130兆円)の引き上げをめぐり、米議会の与野党協議が迷走を続けている。
もし、8月2日までに上限が引き上げられなければ、新たな国債を発行できなくなるため、国債償還などに必要な資金を賄えなくなり、債務不履行(デフォルト)に陥る恐れが極めて高くなる。
米共和党は短期的な債務上限引き上げを支持している。
オバマ大統領は「短期的な債務上限引き上げでは、アメリカに対する信任が揺らぎ、国債の格付けの引き下げを引き起こしかねない」
としている。

累積債務の法定上限について

上限を引き上げるには、政府が法案を提出し、上下両院での可決が必要。
1962年以降、74回引き上げられている。
現在(2011年7月24日)の上限は2010年2月に決まった14兆2940億ドルで、既に達したとみられる。


アジアの取引開始(日本時間25日午前5時)までには前向きなシグナルを送る必要があるとしていましたが、
あと10時間ほどで、前向きなシグナルはあるのでしょうか・・・

相場に大荒れの予感が・・・
マジでリーマンショックの時の恐ろしさが再びでしょうか・・・

どこの国でも政治家同士のいらない争いがあって、一般人が巻き込まれ、不安に陥れられてしまうのですね。
政治家ってヤツは・・・どこに視点をおいて利益を望んでいるのでしょうかね~
短期的な上限引き上げで、大統領選前にもう一度債務問題が浮上すれば、そこで支持率下げさせることができるとか?
大統領は、大統領選に影響を及ぼしたくないから比較的長期な債務上限引き上げを狙っているとか?
他にもいろいろあるんだろうけど、さっさと決めてほしい。

今までさんざん債務上限を引き上げてきておいて、今更今回は引き上げません。
ってことはないと思うけど、市場が早期の問題解決を催促することもありえる!!

その場合、損失が大きいなぁ。
また、塩漬けかもww
(損切りしろよ!!って感じですけどね。。。粘っちゃうんです。)

本日の為替取引 ギリシャ緊縮財政案可決

ギリシャ緊縮財政案可決されましたね。
引き続き、明日も可決されることを願います。
可決後は、円高方向に動いています。

本日の為替取引

豪ドル円
平均85.5円(買い建玉) → 86.11円(決済)
昨日、ブログ更新する時間がなく書けませんでしたが、
84.30円で買ってました。
最近にしては、大きくとれました。

ギリシャの緊縮財政案の可決前にほぼ売りました。
そして、可決後は豪ドル円を新たに
85.73円 新規買い
さらに、円高方向に動けば買い増すかも。
明日もあるので慎重に行きたいと思います。

米ドル円
6月始めに81.17円で買っていたのを昨日81.23円で決済ww
手出すなよ・・・って感じですが。
ちょっと身軽になれましたww

しかし、ユーロの乱高下には手が出せませんね。
早く落ち着いて欲しいっす・・・

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Get Adobe Flash player