タグ ‘ ニュース

外資系証券寄り付き前注文 3月5日以来の売り越し

5月22日の外資系証券寄り付き前注文動向が売り越していた。
買い:1,390万株
売り:1,510万株

3月5日以来、久しぶりのこと。

外資系証券寄り付き前注文動向

これは、続いてくれるのではないだろうか??
なんて、売っている立場では、自分の都合の良いように考えてしまう。
単に、重要イベント前だからだろうけども・・・

どっちになるのかは、本日のバーナンキさんとFOMC議事録の内容次第でしょうかね。

追記:5月23日の外資系証券寄り付き前注文動向は
買い:2,060万株
売り:1,770万株
と、売り越しは続きませんでしたね。

22日23時からバーナンキ議会証言・23日3時FOMC議事録

本日22日は日本時間23:00からバーナンキFRB議長による議会証言が予定。
また、日本時間23日早朝3時に4月30日から5月1日に開催されたFOMCの議事録が公開される。

何時から始まるんだろうって調べてたらこんな記事も見つかりました。

バーナンキ氏が資産買い入れ(QE)の継続を示唆

  1. 直後にドル全面安や米国の株高とクロス円主導の円安(リスク選好)
  2. FOMC議事録でQE縮小の議論が再確認されると、
  3. ドル反発や米国株の調整下落とクロス円での円高を促す可能性

バーナンキ氏がQE縮小を示唆

  1. 直後にドル全面高と株安・クロス円での円高(リスク回避)
  2. FOMC議事録でQE縮小・再拡大の両論意見が見られると、
  3. ドル反落や米国株の反発とクロス円での円安をもたらす可能性

だそうです。

結局のところ、どうなるかなんて誰にもわからないってことですね。
どうなるんでしょうか。
波乱とか恐ろしいな。

ちなみに私は現在日経mini225でマイナスくらっています・・・

ヒラリークリントンの講演料

国務長官を退官したヒラリークリントン。
彼女の1回の講演料は、
アメリカ国内:20万ドル
アジア・中東:75万ドル
だそうです。

夫のビルクリントンと同じくらいの講演料。

春から講演を始めるようですよ。
(DAIRY NEWSより参照)

夫婦そろってめちゃくちゃ稼ぎますね!!

関連:バーナンキ元FRB議長の講演料

キプロスは大変だけど、我が資産は少し回復。

約2か月ブログを放置してしまいましたが、なんとか生きてます。
そんなこんなで、現在日経mini225をショートしているところなんですが、おもいっきりマイナスくらってます。
日経平均が11300円くらいのところからショートをスタートして、最初はうまくいっていたのですが、徐々にマイナスが拡大。
もう少し粘ってみます。
キプロス問題のおかげで少し回復です。

しかし、キプロス大変なことになっていますね。
キプロスの問題はどうなっていくんでしょうかね?
ユーロ圏は、キプロスに100億ユーロ(1兆2200億円)を支援する条件として、同国の自助努力で58億ユーロの財源を確保するよう求めている。
58億ユーロは、国有資産の売却なのか、貯金税なのか、ロシアからの援助なのか、それとも天然ガスを証券化して、お金を確保するのか。
ロシアとの話し合いはまとまらず。

ECBは、25日までに話がまとまらなければ、キプロスの銀行に対する緊急資金供給策を打ち切る。
とのこと。
厳しいけど、仕方ないですね。

ちなみにキプロスの銀行預金は約680億ユーロ。
その3割がロシア企業や個人のもの。
キプロスの銀行の総資産はキプロスのGDPの約8.1倍。

南ア・ランドが下落かと思いきや対円で強い!

先日、朝起きたら、南アランドが9.78円になったとメールが入ってきていた。
注文を入れようかと思いつつ、10円くらいからの一気に円高。
何かあったのかと思い一応調べてみると、

1月10日
フィッチが南ア国債の格付けを「BBBプラス」から「BBB」に引き下げ。
景気先行きが悪化していることと、社会不安を理由としている。

1月18日
南アフリカ中部サソルバーグで、市民らによる地方政府が推進する境界線移動に対する反対デモがおきているとのこと。
サソルバーグが破綻寸前といわれる自治体との合併でもめている。

1月24日
南ア準備銀行(SARB)の金融政策決定会合が控えている。

という記事を見かけた。
ちょっと注文は待った方がよさそう。

と思っていたら、現在9.95円まで円安が進行。
稼げてた!!!!

と思いつつも、仕方ないですね。
っていうか、むしろ日本がヤバイんかな??

2013/01 ECB利下げ見送り

欧州中銀の利下げが見送られた。。。
円高になると踏んでいたのに。

ドラギ総裁は強気ですね。
『ECBは矢継ぎ早に危機対策を繰り出す政策を休止し、景気と市場動向を見極める「様子見」の姿勢に転じた。』
そうです。

ドラギ総裁曰く
「利下げを求める声はなかった」
「2012年10~12月にかけて危機対策を相次いで打ち出したことでユーロ崩壊への懸念が消えた。」
とのこと。
また、景気回復のタイミングについては、2013年後半。
2014年には年1%台の成長に戻ると予想。
している。

10日、オーストリアのライフアイゼンバンクは
「ECBは13年中は政策金利を維持し続ける」
との予想を示した。

現在ユーロ円は116.5円近辺で推移。
ユーロドルは1.32台で推移。

解散総選挙時の日経平均騰落率

あけましておめでとうございます。
2013年も始まりましたね。
解散総選挙から株価は上昇しっぱなし。
為替も円安方向に一気に動きました。
で、こんなデータがありましたのでご紹介。

解散総選挙時の日経平均騰落率

解散時の内閣 選挙期間 選挙後(25日後)
1990年 海部 +2.4% -15%
1993年 宮澤 +2.7% +1.4%
1996年 橋本 +0.3% -1.5%
2000年 +2.4% -7.3%
2003年 小泉 +3.5% -1.3%
2005年 小泉 +7.8% +3.4%
2009年 麻生 +10.2% -7.0%
2012年 野田 +約12% ???

今回はむしろ上昇していますね!
安倍さんの今後に期待!!

円安に日本株上昇。完全敗北っす!!

お久しぶりです。
ブログ更新さぼりまくりのheetaです。

選挙から11日。完全敗北っす!!
こんなに円安進行&日経平均上昇するとは思いもしませんでした。
完全にまけまくっています。
今年の為替・日経225の利益分がすべて吹っ飛ぶほどのやられっぷりです・・・
最後の最後でこんなやられ方をするとは・・・

それはそれで仕方ないのですが・・・
いろいろなタイミングがかみ合ったんだと思うんですけど、安倍晋三くんをあなどってましたよ。
とりあえず、来年はこのマイナス分の解消から始まりそうです。
日本株の取引は、本日と12月28日。
為替取引は、本日、28日、31日を残すばかりとなりました。

みなさんの2012年はどのような年だったでしょうか?
来年も頑張りましょう!!

ブラウン管 価格カルテルでパナソニック、東芝、サムスンなどに制裁金

欧州委員会は、テレビやモニター用のブラウン管(CRT)の生産・販売で価格カルテルを1996年から2006年にかけ10年間にわたって結んでいたとして、6社に制裁金14億7051万ユーロ(約1600億円)を科した。
(カルテルを結んでいたのは7社)

ブラウン管 カルテル 制裁金

  • フィリップス:3億1340万ユーロ
  • LG電子:2億9560万ユーロ
  • パナソニック:1億5750万ユーロ
  • サムスン電子:1億5080万ユーロ
  • テクニカラー:3860万ユーロ
  • 東芝:2800万ユーロ

台湾の中華映管はカルテルお内部告発したとして制裁金は免れている。

パナソニックにとって、この時期にこの制裁金はかなり痛いですね。
最悪のケースとして、2013年3月期連結決算の純損益が7650億円の巨額赤字の見通しを発表している。
この見通しからすると、今回の制裁金の影響は少ないかもしれないが・・・

一気に円安。北朝鮮ミサイル&日銀副総裁西村氏

西村日銀副総裁は新潟市での講演で
「景気は弱含みであり、当面弱めに推移する」
「リスクが大きく高まれば、適切かつ果断な対応をとる用意がある」
「見通しの下振れ要因に、より注意を払う必要がある」
「海外経済は当面減速が続く」
「日中関係への影響の広がりが懸念される」
などと発言した。

さらに、北朝鮮のミサイル設置が完了したことをうけて円全面安。

ひそかにユーロ/円を売っていたので、大打撃・・・
まぁ、仕方ないですけどね。。。
来年まで様子見しかないかなと。
平均106.1円で売っています。
もう少ししたら損切りか。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Get Adobe Flash player