タグ ‘ 投資

相場は大荒れ。原油、為替、株式市場

8月は1週目から大荒れですね。
デフォルト回避して少しは落ち着くかと思いきや・・・激しく乱高下。

原油 急落
8月1日に95ドル台で推移していた原油先物価格が、在庫統計発表や世界経済減速懸念で急落しています。
本日、時間外取引で大幅に下落し、一時83ドル割れ。
4日の原油先物取引でも、91ドル台半ばで始まり、終値で86.63ドル(5.30ドル安)だった。
5日の終値は86.88ドル。

為替
為替も、先日為替介入があり、一時米ドル80円台まで回復したものの、結局78円台まで下落。
為替介入で円安に傾いた分をほぼ消化。
米ドル円は78.49円。
為替介入は、ECBやアメリカからは支持しないとの声明。

豪ドルは金利引き下げ懸念。
豪ドル円は82.14円。

株式市場
原因は、アメリカ経済の減速やダウの500ドル超えの大幅下落などでリスク回避。
5日ダウ終値は、11,444ドル。
株式市場でも、アメリカ、ドイツ、日本など世界中で大幅安。
5日の日経平均は9300円割れで引け、9,299円。

相場は大荒れ。
何が起こるかわからない。
そして、スタンダード・アンド・プアーズが、初のアメリカ国債の格下げしAAプラスにした。
また、今後の見通しはネガティブとしている。

ムーディーズとフィッチはアメリカ国債「トリプルA」に据え置き。

もっとも安全とされた資産が格下げされたことは、かなり大きな影響を及ぼしそうですね。
来週は、どうなるんでしょうね・・・

7月の為替・FX収支

2011年7月 収支+10万円

でした。

収支内訳は、
豪ドル円:4.2万円
南アフリカランド:5.5万円
ユーロ米ドル:0.3万円

とりあえず、7月もプラスで終わることができました。
8月はいきなり荒いなんてものじゃない動きに・・・

まさに、リーマンショック以来の乱高下じゃないでしょうか。
東日本大震災時も激しかったですが、世界経済の展望に悲観的になり、世界中が八方ふさがり感が拡がっています。
今のところ、8月4日の為替介入のおかげで、私はなんとか建てなおすことができました。
ちょっと危なかった・・・

南アランド買ってみた。

南アランドは、円に対して11.31円をつけた。

今週7月21日木曜日の南ア準備銀行金融政策委員会では、南ア経済が減速し、インフレ圧力も後退しつつある中、政策金利を5.50%に据え置くことが濃厚となっている。
声明内容が前回の「現時点で利上げを実施することは適切ではない」よりさらにハト派的となる可能性が高いだろう。
対円はもう一段の下押しを警戒したい。
(情報提供:フォーランドフォレックス 外国為替グループ)

だそうです。
行き過ぎな感はあるので、思い切って11.33で南アランド新規買い。
ん~どうなることやら・・・
不安。

豪ドルと南アフリカランドでデイトレ

とりあえず、昨日までに作っていた建て玉は放っておいて・・・
今日は豪ドル円と南アフリカランド円でデイトレしておりました。

豪ドルも南アフリカランドもかなり円高状態だったので、安心してトレードに励めました。

豪ドル円
84.1円 買い → 84.56円 売り決済
84.2円 買い → 84.8円 売り決済

南アフリカランド円
11.55円 買い → 11.585円 売り決済
11.555円 買い → 11.585円 売り決済

今トライ中の
11.55円 買い

でした。

米ドルがかなり弱くて、怖い。
ついに、79円も切ってきた。
また、最高値更新なんてことにならないよね・・・
もう嫌なんですけど。

日経平均終値で1万円回復。日経225miniマイナスっす!!

日経平均、2年ぶり7日続伸 終値1万円台を回復ということで。
この7日間の上昇幅は500円超え。

終値は前日比110円02銭(1.10%)高い1万0082円48銭で高値引け。
東日本大震災当日の3月11日(1万0254円43銭)以来、約4カ月ぶり。
日経平均が7日続伸したのは2009年7月14~27日の9日続伸以来、ほぼ2年ぶり。

日本にとってはいいことですが・・・
私は、マイナスですorz

週末には株価指数オプション7月物の特別清算指数(SQ)の算出を控えています。
数カ月ぶりの高値圏に指数が上昇したことで売り方に損失回避(ヘッジ)のための先物買いを誘発した側面もあったようです。

日経225mini
11/12 9915円 売り

新たに、
11/12 9985円 売り

という行動に出てみました。
吉と出るか、凶と出るか。
いつものパターンだと、凶なんでしょうがねww

ポルトガル国債の格下げなんかは、ほとんど関係なしでしたね。
ムーディーズは、格付けを「Baa1」から投機的等級の「Ba2」に4段階引き下げた。
ポルトガルだが、現在の国内総生産(GDP)は2010年で2293億ドル(約18兆円)
政府の債務残高(2009年)は1208億ユーロ。
(ギリシャの政府の債務残高2980億ユーロ)

7月1日・4日の日経225・FX取引

日記に書くのもためらわれる取引しかしていません。
っていうか、動けないっす。

ユーロ米ドル
1.4532ドル 新規売り → 1.4518ドル 決済買い
1.4564ドル 新規売り → 1.4534ドル 決済買い

だけです。
今月はスロースタート。
今も何も建て玉もっていない状態。

そういえば、今日、久しぶりに日経225先物miniをショートしました。
一時日経平均1万円回復しましたね。

日経225mini
11/12 9915円 売り

6月の為替・FX収支

2011年6月の為替・FX収支:13,5万円

取引通貨内訳

米ドル円:1.1万円
豪ドル円:7.4万円
ユーロ米ドル:2.9万円
豪ドル米ドル:2.1万円

なんだかんだで順調な月でした。
基本逆張りなので、タイミングをミスって一時大きくへこみました。
ユーロ米ドルで・・・
損切りは1回だけで済みました。

ちょこっとづつキャピタルゲインをとるビビり取引の連続ですが。
結果オーライってところでしょうか。

何かのものすごいマイナスの前触れじゃなければいいけど。
7月も慎重に負けないトレードで行きたいと思います。

月末が近づくにつれてアメリカの影響が大きそうですしね。

5月の為替・FX収支

本日の為替取引 ギリシャ緊縮財政案可決

ギリシャ緊縮財政案可決されましたね。
引き続き、明日も可決されることを願います。
可決後は、円高方向に動いています。

本日の為替取引

豪ドル円
平均85.5円(買い建玉) → 86.11円(決済)
昨日、ブログ更新する時間がなく書けませんでしたが、
84.30円で買ってました。
最近にしては、大きくとれました。

ギリシャの緊縮財政案の可決前にほぼ売りました。
そして、可決後は豪ドル円を新たに
85.73円 新規買い
さらに、円高方向に動けば買い増すかも。
明日もあるので慎重に行きたいと思います。

米ドル円
6月始めに81.17円で買っていたのを昨日81.23円で決済ww
手出すなよ・・・って感じですが。
ちょっと身軽になれましたww

しかし、ユーロの乱高下には手が出せませんね。
早く落ち着いて欲しいっす・・・

6月24日の為替・FX取引

24日の為替・FX取引は、親戚に不幸があって遠出していたので決済の指値だけを入れておいた。

あまり期待していなかったが、決済された。
豪ドル/米ドル
1.0545 買い → 1.0596 売り決済
1.0503 買い → 1.0545 売り決済

豪ドル/円
84.40 買い → 84.92 売り決済

今日、為替のチェックしたら、また豪ドル急落してる。
また、買い直してみよう!

本日の為替取引

本日の為替取引の成果は・・・
米ドル円
80.15円 買い → 80.61円 売り(決済)

豪ドル円
84.4円 買い(新規)

豪ドル/米ドル
1.0545ドル 買い(新規)
1.0465ドル 買い(新規)→ 1.0487ドル 売り(決済)

昨日は、何もできなかったので、放置。
本日は、ぼちぼちの取引でした。
無理しない程度のデイトレをしつつ、スワップポイントも狙いつつ。

明日は、遠出をしなくてはいけないので、ほとんど相場が見れないので不安。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Get Adobe Flash player