タグ ‘ 為替

米経済指標に乗ってうまくトレードできた!

アメリカの8月の雇用統計は強かったものの、8月ISM非製造業景況指数は弱く、為替も上下した。
9月1日に引き続き、また豪ドルでデイトレしてました。
豪ドル75.7円で買っていたのを、雇用統計発表後の上昇で77.94円で売りました。
そして、またダメ元で入れてた注文の豪ドルを77.1円で買えたので、77.35円で売りました。
また、注文入れるか迷い中。

日銭稼げた!
久しぶりに満足のいく為替取引ができました。
(運が良かっただけですけど)

米雇用統計待ちでドル上値重い

本日、アメリカの重要経済指標
21:30 8月非農業部門雇用者数
21:30 8月民間部門雇用者数
21:30 8月失業率
23:00 8月ISM非製造業景況指数
が発表されます。

予想は、
非農業部門雇用者数は10万人減
民間部門雇用者数は4万1000人増
失業率は9.6%
となっています。

8月米雇用統計待ちでドル上値重い。
本当に今日はなかなか動きませんね。

ここまで円高が進行されていれば悪材料織り込み済みで下値も限られているものの、
8月米雇用統計が予想以上に悪化していればFOMCでの追加緩和観測が浮上して、さらに円高が進行という流れも・・・
場合によっては、ドルが15年ぶり安値を更新して急落するということもありそうです。

追記 22:00
アメリカ経済指標 結果
8月非農業部門雇用者数は-5.4万人(市場予想-10.5万人)
8月民間部門雇用者数は+6.7万人(市場予想+4.0万人)
8月失業率9.6%(市場予想9.6%)

予想よりもかなり強かった!
米ドル一気に85円台に回復しました~

民主党代表選 小沢早くも剛腕振るう?

小沢氏の発言で、市場が左右されている(?)。
小沢氏は、急激な円高について「市場介入を含むあらゆる方策を果断に実施する」方針を示しています。
この方針を受け、株式市場では、早くもソニーやキャノンなどの輸出関連株が敏感に反応(?)。

為替市場では、
日本だけで円高阻止のための為替介入をしても効果はあまりないが、小沢氏は「そのくらいの覚悟をもって今やるべき急激な円高」と語っている。

債券市場では、
利回り曲線のスティープ(傾斜)化基調が続くとの見方が増えている。
衆院選マニフェスト(政権公約)を実行することで財政拡張が見込まれ、20年債など超長期ゾーンの金利水準が一段と切り上がる可能性が高いため。

大手証券の株式トレーダーは
「小沢氏の首相就任は好ましくないが、首相になる可能性がある以上注目せざるをえない」
と語っているそうです。

小沢氏が民主党代表選に出馬したことで、様々な影響がでてきていますね。
まだ、代表選の行方は五分五分の見通し。
今回のゴタゴタで、小沢・菅のどちらに決まっても、民主党を支持する多くの人を失ったことは間違いない。

豪ドル75円買ってみた

今日は久々に豪ドル75円で1枚買ってみました。
もう少し待てばよかったかな~
いつも買ってから思う。
しばらく不安定な動きが続きそうなので、気が抜けませんね。

しかし、政治はどうにかならないのでしょうか・・・

産業の空洞化・自動車産業でもついに・・・

先月のニュースですが、
日本で販売する日産「マーチ」のすべてをタイで生産することを決定した。
日本メーカーが主力車種の全量を海外で生産し、逆輸入するのは初めて。

ついこの間の猛烈な円高。
日産は為替リスクを良い時期に切り抜ける手段を手に入れていた。

経済産業省は8月27日行った緊急アンケートでは、円高の影響で6割が減益すると答えている。
今の円高が半年以上続けば、産業の空洞化の波が大きなものとなってしまいます。
日本の製造業を代表する自動車産業に、生産の海外移転が始まり、今後もどんどんほかの会社が続くでしょう。
きっとこのまま円高が続けば、経営を圧迫して国際競争力も低下する。
その前に、大企業は日本脱出。
もし、大企業の多くが海外移転してしまったら、残された中小企業は、これからどうなるんだろう。

日本の税収も相当落ちるだろうし、それをカバーするための税収はどうするのか?
結局、日本に住んでいる人たちでカバーしていかなくてはいけない。
私たち一般市民も他人事だと無関心でいられない状況ですね。

★財務大臣募集中!

Twitterでこんなつぶやきがw

★財務大臣募集中!【仕事内容】為替を見守るだけの簡単なお仕事です。
※ただし、緊急の場合は”細心の注意と重大な関心を持って”見守る必要があります。

CIAもスパイを一般公募する時代ですもね。

野田財務相「足元の為替の動きは明らかに一方向に偏っている。重大な関心を持ち、極めて注意深く見守っていく。」
今日の野田財務相の臨時会見の発言を皮肉りたくなる気持ちわかります。

どうして日本買いなのか?不確実性の少ない国

デフレが長く続き、世界No1の財政赤字、少子老齢化、日本経済は長期停滞・・・
悪いことばかり次々と浮かびます。

今の日本の状況が良いと思えている日本人はどのくらいいるでしょう?
私は、日本のいまの状況が「良い」と思えている人よりも、「悪い」と思えてしまう人の方が多いのではないかと感じています。

でも、外国からのお金が入ってきています。
円高が続き、8月はドルが85円台の日が大半です。
今、現在も85円台前半で推移しています。

どうして、日本買いがすすんでいるのでしょうか?

コインパーキング論

1つの見方でしょうが、
円高の理由として「コインパーキング論」というものがささやかれているそうです。
日本経済が停滞していることを逆手に考え、停滞は急激な変化がないとし、長期的にはリスクが高くても、短期的にみればそんなに高くない。
欧米の経済に減速懸念があるなかで、日本は不確実性の少ない国として便利な避難場所に使われているのだそうです。
コインパーキングのような役割を担っていて、細かくお金が日本に流入することで円相場が円高方向につり上げられていく。
ということのようです。

なるほどですね!
いいところまで落ちてきているから「不確実性の少ない国」となった日本。
「不確実性の少ない国」の次の烙印が恐ろしい気がします。
ここで切り返せないと後が怖いですね。

2009年11月以来ドル円85円割れ

ハマコー逮捕。
ぷるぷる震えながら、暴れん坊は相変わらずだな!
でおなじみのHeetaです。

先ほど、2009年11月以来、ドル円85円割れをつけましたね~。。。
FOMCを受けて円高警戒感継続。
リスク回避の円買いってどうなのよ??
円買いに動かれてしまうのだから仕方ないっすね~

これから英失業率・申請数が発表される。(17:30)

日経平均は 9292円の前日比258円安。
ヤバス

こっからはリリーフ・ラリー継続!リリーフ・ラリーとは

米4~6月国内総生産(GDP)速報値の発表後いっきにドル円86円割り込んだが、米7月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)などの結果を受けて持ち直す。
続けて、米7月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値も予想より強かった!
リリーフ・ラリー状態に!
こっからはしばらく継続しそう!!(ただの願いか!?w)

リリーフ・ラリーとは、悪い時期が通過して安堵感で相場上昇すること。

しかし、米2年債利回りが一時0.546%と過去最低を記録するなど利回り低下。
ドル円は一時85.95円まで下落したときは焦った。。。

ドル86.6円まで円安がすすんで、ダウは現在前日比プラス圏まで持ち直している!
このまますんなりいくか!?
もう疑心暗鬼で、何信じたらいいのかわからんもん!

米ドル86円割れ目指してる?第2四半期国内総生産(GDP)次第

本日21:30に発表される米国の第2四半期国内総生産(GDP)を前に、

  • 28日に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)にて前回の報告よりも経済活動の回復に減速感があることが示唆されたこと。
  • ブラード・セントルイス連銀総裁がデフレ懸念を示したこと。

などの影響でもあり円高方向。
第2四半期国内総生産(GDP)の結果が悪ければ、米ドルは86円割れする可能性がでてきている。

ユーロ/ドルとドル/円につられて動きやすい。
ユーロ/ドルは結果が悪ければ単純に為替市場が反応する。
ユーロ/ドルの動きに注目しなければいけない。

ドル円が思ったよりも円高に進めばストップを巻き込んで一気に米ドルは85円前半、85円割れになる可能性も・・・
何はともあれ、21:30の第2四半期国内総生産(GDP)が良いことを祈るのみ。。。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Get Adobe Flash player