タグ ‘ 為替

トムソンロイター 一部顧客へ情報を先行配信停止

trade
トムソンロイターはミシガン大学消費者マインド指数を一部の顧客に2秒早く知らせることを中止。

トムソンロイターとの契約者は一般公表の5分前にデータを知ることが可能。
一部の契約者はさらに2秒早くデータを入手していた。

ニューヨーク州の司法当局は2秒早い配信が市場の公正さをゆがめる恐れがあるとして調査。
2秒早く情報が入手できれば、取引の高速化によって膨大な量の取引が可能になるとしています。

トムソンロイターは
「非政府関連データおよび独占記事を有料購読者に提供していくことは合法と確信している」
としている。
トムソンロイターの言い分もわかる。
とはいえ、市場から注目されている指標なので、難しいですね。

くりっく365 売買代金 1日平均285億円(ドル円)

2012年 くりっく365で1日の売買代金平均285億円(ドル円)
黒田バズーカーのあと4倍くらいに膨れ上がって最近は、2012年の平均くらいで推移しているみたい。

FX業者 スリッページに自主規制

外国為替証拠金取引(FX)での怪しい値動きに自主規制。
2012年7月3日にFXCMジャパン証券が業務改善命令を受けた。
これは投資家に不利になるような価格の滑り(スリップ)ばかりが発生していたことがひとつの理由。

スリッページとは、業者が顧客向けに提示している価格とは異なる水準で売買が成立してしまうことだ。価格が滑る(スリップ)ことから、そう呼ばれる。

FXCMによると、少なくとも2009年6月~10年7月に、スリッページのうちネガティブ・スリッページのみが発生する状態にしていたという。

問題はFXCMだけが行っていることではないということ。

日経新聞によると、
矢野経済研究所が、主要6社を対象に2012年12月のある日(午後9時~10時)に約定を一定回数成立させた際のスリッページを調べた。
その結果、1社は発生した滑りのうち全てが不利な価格側で約定したとのこと。
6社中3社で不利な方向にずれたケースが「滑り」全体の3分の2以上を占めたのだ。

こんなことがまかり通らないように、投資家が不利益を被らないようにする措置を、業者が6月にも自主規制ルールとして策定する。
ということ。

本当に自主規制なんかでちゃんとできるんかいな?
と疑っちゃいますが。

なんとも恐ろしいお話です。
やろうと思えばいくらでもできることですからね。
一個人としては仕方ないとあきらめるしかないわけですけども。

ちょっとFX取引。円安止まりませんね!

円安が止まりませんね。
ユーロ円120円後半までいっちゃったりしてる。
結果的には、この前の107円後半で損切りしておいて正解だったようで。
いつも、損切りするタイミングを見誤るので今回も失敗してるんだろうな。
と思ってたんですけどね・・・

最近は、損切りの練習という気持ちで少しトレードしてみてる。
あと何百回繰り返せばこの間の損切り分を取り戻せるんだろ。
みたいな数千円の利益しか出てませんけどねww

しかし、この円安の流れいつまで続くんだろう。
今日ニュース番組で、コメンテーターが何十年も前の話もってきて半年で50%も円安に傾いた時もある。
とかいってたので、もうそろそろ限界なんじゃないの?
的な感じもする。

今日、後場終り間際に日経225miniを1枚売ってみました。
来週中くらい様子見てみます。
こちらも損切りの練習という気持ちで。

次は日銀の金融緩和がどうなるか!?
ですね。
期待以下で相場は下げと読んでいますが、どうでしょ?

大放出の損切り!ユーロ円のショート買い戻し

2012年に為替で稼いだ分のほとんどすべて放出する損切りしました。
売っていたユーロ円を損切りです
もう、がっかりすぎる気持ちと。
かなり肩の力が抜けてラクになった気持ちと。
複雑な気持ちです。

少しづつ損切りを始めて、先ほどすべて損切り完了。
こんな大きな損切りはリーマン以来でしょうか。
あの時は、立ち上がれないほどの損失でしたので、比べるとかわいいものですよ!!
めちゃくちゃ痛いですけどもww

っていっても
希望的観測で損切りもせずに塩漬けしていたのが悪いわけで・・・。
アホでした。
時間経つと忘れちゃうんですかね。

2013年は厳しい始まりとなりました。
今年一年、なんとか1月から12月までの収支をプラマイゼロまではもっていきたい!
という目標が出来ました。

悔しい気持ちを忘れずにがんばリたいと思います。

2013/01 ECB利下げ見送り

欧州中銀の利下げが見送られた。。。
円高になると踏んでいたのに。

ドラギ総裁は強気ですね。
『ECBは矢継ぎ早に危機対策を繰り出す政策を休止し、景気と市場動向を見極める「様子見」の姿勢に転じた。』
そうです。

ドラギ総裁曰く
「利下げを求める声はなかった」
「2012年10~12月にかけて危機対策を相次いで打ち出したことでユーロ崩壊への懸念が消えた。」
とのこと。
また、景気回復のタイミングについては、2013年後半。
2014年には年1%台の成長に戻ると予想。
している。

10日、オーストリアのライフアイゼンバンクは
「ECBは13年中は政策金利を維持し続ける」
との予想を示した。

現在ユーロ円は116.5円近辺で推移。
ユーロドルは1.32台で推移。

2012年7月と8月の収支

2012年7月の収支は、
FX:+6.7万円

2012年8月の収支は、
FX:+4.3万円
nikkei225mini:+1.5万円

でした。

小さい利益を積み重ねてコツコツとやってます。

ユーロ圏とアメリカ 経済 今後の主な予定 2012年8月~

ユーロ 今後の主なイベントスケジュール

9月6日 ECB理事会
9月12日 ドイツ憲法裁判所

ESMと財政協定を判断する。

9月14日 非公式EU財務相会合
10月~11月 ECB理事会
ユーロ圏財務相会合
EU財務相理事会
EU首脳会議
2013年 春 イタリア総選挙
2013年 秋 ドイツ総選挙

 

アメリカ 今後の主なイベントスケジュール

8月27日~ 共和党全国大会
8月31日 ジャクソンホール講演
9月3日~ 民主党全国大会
9月13日・14日 FOMC
10月23日・24日 FOMC
11月6日 大統領選挙

 

テレ東の朝のニュースでやってたのをまとめました。
アメリカ大統領選が行われる日程は、11月6日だそうです。
11月とは、聞くけど具体的にいつなの?
って思ってたら、あと3ヶ月切ってるんですね~

その前に、ユーロもアメリカもイベント目白押しですね。
焦って売買しないように気をつけたい。

今週は南アフリカランド円 収支

今週は南アフリカランド円で勝負していました。
とりあえず、下げては買い。
0.05円とったら売り。
として勝負していました。

今週の収支はプラス2万円ほどで終えることができました。
来週はFOMCですね。
金融緩和あるのかな?

年内 今後のFOMC予定日

2012年 今後のFOMC予定日

7月31日~8月1日
9月12日~9月13日
10月23日~10月24日
12月11日~12月12日

を予定している。
今年11月には大統領選挙があるので、10月に金融緩和はやりにくい。
金融緩和は、7月末からのFOMCか?

すでにマーケットは、金融緩和をやるかどうかではなく、どんな金融緩和がされるのか?
に意識がいっているそうですよ。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Get Adobe Flash player