ads


人民元上昇の効果は続かない

結局、19日に23カ月続いた事実上のドルペッグ制を終わらせ、穏やかな上昇を容認すると発表した。
が、早くも人民元高は一服。
人民元高による世界経済のバランス改善が期待され、月曜日上昇した株式などのリスク資産が、本日はまた下落。
上昇した分を打ち消す下落ではないものの、今後に注目。

昨日、80円台で推移していた豪ドルも一服し、現在79ドル台半ばで推移。

人民元高だけで世界経済のバランスが改善されるというのは、無理がある。
中国は批判回避しただけ。
危機前の制度に戻しただけ。
など批判的な意見も多い。
今後、批判の声が高まり世界経済という視点で、さらなる人民元の上昇が必要になる可能性も。

ちなみに、ドルペッグ制とは
ある国の政府や中央銀行などが金利調節や為替介入を行い、自国の通貨とアメリカドルの為替レートを一定割合で保つようにすること。
自国通貨と米ドルとの固定相場制を図る政策。

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Get Adobe Flash player