ads


アメリカ「フードスタンプ」受給者数が急増

自民党の石原伸晃氏のようなぼっちゃんが、もしかして総理大臣かよ!?
アリエナイ!!
でおなじみのheetaです。

日本の生活保護受給者数も大変な状況ですが、
アメリカの「フードスタンプ」の受給者数も急増しているようですよ。
先進国の経済はどうなっちゃうんでしょうね。

米政府の「フードスタンプ」と呼ばれる低所得者向け食料購入補助制度の利用者が2012年6月に過去最多の約4667万人に上ったことが、米農務省のまとめで分かった。
5年前の1.8倍に急増しており、失業問題や貧困の根深さが浮かび上がっている。

フードスタンプは、生活困窮者の食料費を補助する制度。
4人家族の場合、月間総所得が約2389ドルを超えないことなどの受給条件がある。
金融危機が深刻化する以前の2007年度の受給者は約2632万人だった。
2010年度には4000万人台となった。
支給総額も2011年度は約718億ドルに達し、一世帯当たり6月は平均約277ドルが支給された。

一方で、韓国の生活保護受給者数は激減だそうです。

経済的に困窮し、生活費の援助を受ける基礎生活保障(生活保護)の受給者数が急減している。2009年末の157万人をピークに翌年から急減し、今年6月末現在は142万人となっている。
保健福祉部(省に相当)の関係者は4日、「7-8月に実施した(受給条件を満たしているかどうかの)2度目の確認調査結果が出れば、140万人ほどに減る見通しだ」と語った。140万人に減少すれば、09年末に比べ10.8%急減することになる。
朝鮮日報日本語版 9月5日(水)配信

だったら、日本にいる日本国籍を持たない生活保護受給者をもっていけよな~と思っちゃうんだけど・・・

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Get Adobe Flash player