ads


生活保護の不正受給発覚しすぎ・・・

厚労省が2月7日発表した全国の生活保護受給者が2011年11月末現在で207万9761人(速報値)。
5ヶ月連続で最多記録更新中。
先月比7837人増加。
受給世帯:150万7940世帯(先月比5620世帯増)で過去最多を記録。

そんななかで、不正受給も多く発覚している。

横浜市は、2010年度の生活保護費の不正受給は1239件、総額約6億2400万円。
千葉市は、2011年の生活保護の不正受給が248件、総額1億5400万円。
福岡市は、2010年度の生活保護費の不正受給件数が940件、不正受給総額は約3億4100万円。
発覚している不正受給は、氷山の一角でしかなさそうですね。

実際、全国で毎日のように生活保護の不正受給が発覚している。

月収115万円の露天商、生活保護を不正受給
露天商としての収入があるのに約6年半の間、大阪市から生活保護費約3200万円を不正受給していたとして、大阪府警警備部は2012年2月7日、露天商の男(49)を詐欺容疑で逮捕した。
大阪市住吉区保健福祉センターに2005年7月以降、「病気で働けず収入がない」などとうその申告を繰り返し、次男と2人分の生活保護費をだまし取った。
「もらえるものは何でももらってやれと思った。どう使ったかは覚えていない」と供述。

生活保護受給者は原則として車を所有できないが、露店の資材を積むワゴン車など2台を堺市内の駐車場で保管。昨年は露店販売で約1580万円を売り上げていた。

働く息子の分まで生活保護費受給
大阪府警不正受給事犯対策本部と寝屋川署は2012年2月6日、生活保護費約112万円を不正に受け取ったとして寝屋川市、無職の男性(45)を詐欺容疑で逮捕。
神谷容疑者は自身と子ども2人の計3人分の生活保護費を寝屋川市から受給。
2011年5~12月に次男(16)が解体工として働き、収入を得ていたにもかかわらず、同市に3人とも無収入と偽って申告し、8回にわたり次男の収入分に当たる保護費計約112万円をだまし取った疑い。

生活保護不正受給875万円のベトナム人の女
同居する元夫の給料で生活しながら、生活困窮者を装い、2006年9月から10年12月までの間、横浜市瀬谷福祉保健センターから生活保護費計約875万円をだまし取ったベトナム人の女(38)は
「働かなくても金を運んできてくれるので、生活保護のことを『だんな』と呼んでいた」

北九州市では
生活保護費が入った現金書留を盗んだとして、福岡県警戸畑署は2日、北九州市戸畑区役所保護課の臨時職員の男性(36)(北九州市若松区修多羅(すたら)2)を窃盗容疑で逮捕。

このブログでは時々、生活保護のことを取り上げていますが、
笑えない現実ばかりで驚きです。

不正受給のお金って戻ってきてるのか?
取り立ててるのかな?
生活保護者の増加は、今後の社会保障費の増加に直結します。
少子高齢化もすすみ、国の借金も増加中。

ads


  1. コメントはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Get Adobe Flash player