ads


生活保護受給者 競馬2100万円当てる!

生活保護受給者で、競馬の高額当選を出す人がそれなりにいるそうです。

大阪の西成区、生活保護Gメンの話

生活保護受給中に競馬で2100万円の高額配当を受け取った男性について話し合っていた。

男性は、生活保護受給中の競馬で2008年4月14日に2100万8760円の配当金が入っていた。
男性に市の担当者が当選について問うと、
「知り合いの馬券を頼まれて購入しただけ。お金は知り合いにすべて渡した。」
と話したという。

しかし、2100万円の返還請求。
(2100万円は高額配当の金額ではなく、男性がすでに受けた生活保護受給額と医療費の合計が2100万円以上になっていたため。)
そして、刑事告訴することにした。

生活保護受給者の競馬の当選金額とかバレるんですね。
もっと生活保護の担当者に権限与えるようにしたらいいのに。

大阪市行政区の生活保護支援担当課長
「生活保護制度では人間は善」
「性善説に立っているので申告主義の制度で時代に少し合わない。」
と話した。

その後、どうなるんでしょうね。
2100万円は返還できるのでしょうか?
2100万円の返還は断念して、自己破産からの生活保護を受け続けそうな気がする。。。

というか、競馬をやるお金あるなら、その分、生活保護費を減額してもいいんじゃないかな・・・

やっぱ、生活保護は現金ではなく、アメリカのフードスタンプのような「お食事券」がいいのでは!?

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Get Adobe Flash player