ads


10月31日の為替介入規模は8兆円規模 あと余力はどのくらい?

2011年10月31日の円売り・ドル買い単独為替介入は、過去最大の8兆円規模だったそう。
それまで連日でドル円戦後最高値を更新し、75円台で推移していたが、介入後、一気に4円円安に振れた。

2012年度予算で外国為替資金証券の発行限度額を150兆円から165兆円に増額している。
為替介入余力は46兆円あるというお話も。

ちなみに、2011年8月4日為替介入額は4兆5129億円だった。
そして、効果は4営業日しか持たなかった。

その前には、2011年2月25日~3月29日には、6,925億円されている。
(日、米、加、欧州中銀によるドル買い/円売りの協調介入実施)

今回2011年は、すでに3回目の為替介入となった。

為替介入とは

為替相場の安定のため、通貨当局が外国為替市場で通貨を売買する行為。
1国で実施する場合は「単独介入」、複数の通貨当局が一斉に行う場合は「協調介入」と呼ぶ。
日本では財務相の指示に基づき、日銀が介入の実務を担当。
円売りドル買い介入の原資は、財務省が外国為替資金証券を発行して調達する。
介入で得たドルは外貨準備として米国債などで運用している。

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Get Adobe Flash player