ads


最近の各国の経済対策・中国元切り上げ、などなど

最近ありがたいことに仕事が忙しく、あまり為替のチェックしてなかったんですが。。。
今日、80円台突入してたんだね・・・驚いた。
1995年4月以来の15年半振りの水準だそうで。
ドルが全面安の状況で、円だけの為替介入は・・・
で、介入警戒はあまりされていないようですね。
アメリカでは、経済指標が悪くても、新たな量的緩和政策を期待してダウが上昇しているとか。

G20も控えていますしね。
G20と言えば、韓国も大変そうですね。
米国で低金利で資金を借りて韓国に投資する「ドルキャリートレード」が急増しているみたいです。
最近1か月の韓国ウォンの値上がり幅はアジアで一番大きいものとなっています。
KOSPI指数(総合株価指数)は1900pを超え、債券金利は過去最低水準。
これは、外部流動性の力が大きいとか。
しかし、韓国は、G20で議長国となっているため、11月11日まで動きづらい状況。

新興国では、ブラジル・タイは外国人の債券投資に税金をかけ、投機資金の流入を防ぎ始めたり。
為替介入を始めた国も増えてきている。

中国は人民元切り上げてくれればいいのにね。
温家宝首相は「人民元の切り上げは全世界の災難だ」とか言っちゃっているけども。
さすがに、米国・欧州の圧力に屈し始めて元高容認の姿勢になっている。
2005年7月以来中国元切り上げ以来、最高値をつけ始めている。
本日17:30時点で1米ドル=6.653元台で推移。

世界経済対策祭りですね。

最近、尖閣諸島とかガス田とかニュースの扱いが少なくなったように感じるんだけど、動きがないのかな?
それとも、日本は中国に屈した??
仲良く譲り合ってやればいいのにね。

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Get Adobe Flash player