ads


大和・SMBC日興・野村のインサイダー事件 茶番の辞任と記者会見で終了

大和証券・SMBC日興証券・野村証券のインサイダー事件が、意外に長引いている感がある。
芋づる式にどんどん大手証券会社のインサイダーが発覚しているからなのか。

それぞれの証券会社は
「辞任」

「再発防止と信頼回復に努めたい。」
とお決まりの言葉を繰り返す。

野村証券は、平成に入ってから大口顧客への損失補填や総会屋グループへの利益供与などの問題でも同じように
「辞任と再発防止と信頼回復に努めたい」
と言ってきたのだ。
すでに儀式化している風に見える。

今の時代、そんな言葉を誰が信用するのか。
責任者の辞任とお決まりの文句の「儀式」。
普通に考えれば、問題がある行動だとわかることを繰り返し続ける。
問題が発覚すれば、「儀式」をすれば良いとでも考えているのかもしれない。

一般投資家をカモにし、インサイダーだろうがなんだろうが大口顧客へ情報を流し続ける。

「個人投資家がやる気がおきない。」は当然。
カモにされるのだから。。。

私的には、記者会見なんて茶番。
「本当に悪いことした。」
ではなくて、
「やるならもっと発覚しないようにやれよ。誰が謝ると思ってんだ。
今後の仕事にも差し支えるし、大きな仕事を失わないためにも、仕方ないから頭下げておくか。」
って感じにしか見えない。

オリンピックも始まったし、これでインサイダー事件もフェードアウトしていくのでしょうね。
アホらしい。

追記:三井住友信託銀行のインサイダーもありましたね。
2012年3月に国際石油開発帝石、5月にみずほフィナンシャルグループの増資に関して課徴金を科すよう金融庁に勧告していた。
課徴金額はそれぞれ5万円と8万円。
金融庁は、独立系ヘッジファンドのあすかアセットマネジメント(東京・千代田)に対しても、日本板硝子の増資に絡むインサイダー取引で13万円の課徴金納付命令を出したと発表した。

インサイダー取引はやらないと損ですよね。
インサイダー推奨か?
と思わずにはいられないほど安い罰金制度ですよね。

ads


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Get Adobe Flash player