カテゴリー ‘ 知って得する経済情報

多国間協力の枠組み

TPPだの、ASEANだの、RCEPだのたくさんあるから多国間協力の枠組みとして、各参加国をまとめてみました。

TPP

TPP参加国

TPP加盟国

  • シンガポール
  • チリ
  • ニュージーランド
  • ブルネイ

TPP交渉国

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • ベトナム
  • ペルー
  • マレーシア
  • カナダ
  • メキシコ
  • 日本

TPPに韓国も参加するとか、しないとか、断念かな!?
中国とのFTAを優先するという話も。

ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国

政治や経済、安全保障などさまざまな面で協力することを目的としている。

  • インドネシア
  • カンボジア
  • シンガポール
  • タイ
  • フィリピン
  • ブルネイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • ラオス

RCEP

ASEANを中心に16カ国が参加する広域自由貿易協定(FTA)。

加盟国
ASEAN10カ国に加えて、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドが参加。

実現すれば、人口・経済規模・貿易総額で世界最大級の広域経済圏となる。

TPPばかりが話題になっていますが、
RCEPのほうが、TPPより今後の経済的影響は大きい!?

ダウの犬投資法とは

株式投資で、良いビジネスを安く買う方法に「ダウの犬投資法」というものがあるそうです。
このダウの犬投資法は2013年は35%のパフォーマンスをあげています。

ダウの犬投資法とは

ダウ採用銘柄を年初に配当利回りの良い順に10銘柄を選び、均等に投資する方法

  • ダウに採用されている → 良いビジネス
  • 安く購入 → 配当利回りに対して安い

2014年のダウの犬投資法の10銘柄は

  1. AT&T
  2. ベライゾン
  3. メルク
  4. インテル
  5. ファイザー
  6. マクドナルド
  7. シェブロン
  8. GE
  9. シスコシステムズ
  10. マイクロソフト

平均配当利回りは3.56%
アメリカ10年債(2.9%)よりも良い利回りですね。

PERは

  • ダウの犬(10銘柄平均) → 14.9倍
  • ダウ平均  → 約16倍
  • S&P500平均 → 17倍強

ということだそうです。
2013年に好成績を残した投資法は、2014年もパフォーマンスをあげられるのか!?
日経平均の犬投資法とかもありなのかな??

日経平均下落率ランキング(2013年8月31日時点)

歴代の日経平均下落率ランキング

1位 1987年10月20日  ▲3836.48円(▲14.9%)  (背景・要因)ブラックマンデー
2位 2008年10月16日  ▲1089.02円(▲11.4%)  リーマンショック余波
3位 2011年 3月15日  ▲1015.34円(▲10.6%)  東日本大震災
4位 1953年 3月 5日  ▲37.81円(▲10.0%)  スターリンショック
5位 2008年10月10日 ▲881.1円(▲ 9.6%)  リーマンショック余波
6位 2008年10月24日 ▲811.9円(▲ 9.6%)  リーマンショック余波
7位 2008年10月 8日 ▲952.9円(▲ 9.4%)  リーマンショック余波
8位 1970年4月30日  ▲201.1円(▲ 8.7%)  IOSショック
9位 1971年8月16日  ▲210.5円(▲ 7.7%)  ニクソンショック
10位 2013年5月23日 ▲1143.28円(▲ 7.3%)

——-

今更知りましたが、命拾いした5月23日の日経平均下落率が歴代10位になっていたのですね。
これだけ珍しいことが起こったのは、私にとってはただのラッキーでした。
これからは、自分の力量考えて投資します。。。

FX業者 スリッページに自主規制

外国為替証拠金取引(FX)での怪しい値動きに自主規制。
2012年7月3日にFXCMジャパン証券が業務改善命令を受けた。
これは投資家に不利になるような価格の滑り(スリップ)ばかりが発生していたことがひとつの理由。

スリッページとは、業者が顧客向けに提示している価格とは異なる水準で売買が成立してしまうことだ。価格が滑る(スリップ)ことから、そう呼ばれる。

FXCMによると、少なくとも2009年6月~10年7月に、スリッページのうちネガティブ・スリッページのみが発生する状態にしていたという。

問題はFXCMだけが行っていることではないということ。

日経新聞によると、
矢野経済研究所が、主要6社を対象に2012年12月のある日(午後9時~10時)に約定を一定回数成立させた際のスリッページを調べた。
その結果、1社は発生した滑りのうち全てが不利な価格側で約定したとのこと。
6社中3社で不利な方向にずれたケースが「滑り」全体の3分の2以上を占めたのだ。

こんなことがまかり通らないように、投資家が不利益を被らないようにする措置を、業者が6月にも自主規制ルールとして策定する。
ということ。

本当に自主規制なんかでちゃんとできるんかいな?
と疑っちゃいますが。

なんとも恐ろしいお話です。
やろうと思えばいくらでもできることですからね。
一個人としては仕方ないとあきらめるしかないわけですけども。

解散総選挙時の日経平均騰落率

あけましておめでとうございます。
2013年も始まりましたね。
解散総選挙から株価は上昇しっぱなし。
為替も円安方向に一気に動きました。
で、こんなデータがありましたのでご紹介。

解散総選挙時の日経平均騰落率

解散時の内閣 選挙期間 選挙後(25日後)
1990年 海部 +2.4% -15%
1993年 宮澤 +2.7% +1.4%
1996年 橋本 +0.3% -1.5%
2000年 +2.4% -7.3%
2003年 小泉 +3.5% -1.3%
2005年 小泉 +7.8% +3.4%
2009年 麻生 +10.2% -7.0%
2012年 野田 +約12% ???

今回はむしろ上昇していますね!
安倍さんの今後に期待!!

コンビニ チェーン全店売上高 2012 TOP5

コンビニ チェーン全店売上高(2012年2月期)

  1. セブンイレブン:3兆2,805億円
  2. ローソン:1兆8,258億円
  3. ファミリーマート:1兆5346億円
  4. サンクス:9,798億円
  5. ミニストップ:3,555億円

未だに、セブンイレブンの独壇場。
それでも少しずつ牙城を揺るがしてる感がある。(気のせい?)

北海道のセイコーマートは2010年12月期時点で1,711億円。
意外と検討している。

ゆうちょ銀行の貯金残高と使い道(投資先)

日本郵政 15年秋上場へ 株売却益最大7兆円。
とか
ゆうちょ銀行の住宅ローン参入などの新規事業に。
とか言われてますが、どうなんでしょね。

どっかのアナリストの話では
ゆうちょ残高は2011年末で175兆6000億円。
で、そのお金がどこに投資されているかっていうと144兆9000億円は国債。
がっつり財政ファイナンスの受け皿化してる。。。
っていう。

いろんな意味で大丈夫なのかな?

FOMC声明 発表時間(日本時間)20120912~13

今日からFOMCですね。
量的緩和はどんなもんか?
QE3はあるのか?

FOMC声明の発表は日本時間で14日1時30分~
その後、バーナンキFRB議長の会見は3時15分~

の予定

その前に今日はiPhone5の発表ですかね!
サプライズはあるのかな??

ユーロ圏のドイツ憲法裁判所のESMと財政協定を判断は無事通過しましたね。

アメリカ「フードスタンプ」受給者数が急増

自民党の石原伸晃氏のようなぼっちゃんが、もしかして総理大臣かよ!?
アリエナイ!!
でおなじみのheetaです。

日本の生活保護受給者数も大変な状況ですが、
アメリカの「フードスタンプ」の受給者数も急増しているようですよ。
先進国の経済はどうなっちゃうんでしょうね。

米政府の「フードスタンプ」と呼ばれる低所得者向け食料購入補助制度の利用者が2012年6月に過去最多の約4667万人に上ったことが、米農務省のまとめで分かった。
5年前の1.8倍に急増しており、失業問題や貧困の根深さが浮かび上がっている。

フードスタンプは、生活困窮者の食料費を補助する制度。
4人家族の場合、月間総所得が約2389ドルを超えないことなどの受給条件がある。
金融危機が深刻化する以前の2007年度の受給者は約2632万人だった。
2010年度には4000万人台となった。
支給総額も2011年度は約718億ドルに達し、一世帯当たり6月は平均約277ドルが支給された。

一方で、韓国の生活保護受給者数は激減だそうです。

経済的に困窮し、生活費の援助を受ける基礎生活保障(生活保護)の受給者数が急減している。2009年末の157万人をピークに翌年から急減し、今年6月末現在は142万人となっている。
保健福祉部(省に相当)の関係者は4日、「7-8月に実施した(受給条件を満たしているかどうかの)2度目の確認調査結果が出れば、140万人ほどに減る見通しだ」と語った。140万人に減少すれば、09年末に比べ10.8%急減することになる。
朝鮮日報日本語版 9月5日(水)配信

だったら、日本にいる日本国籍を持たない生活保護受給者をもっていけよな~と思っちゃうんだけど・・・

主な輸出企業の想定ユーロレート

欧州中銀の国債無制限買い支え‎という発表でユーロ上昇。
日本株も上昇していますね。
ユーロレートで大きく変化する輸出企業をまとめてみました。

主な輸出企業の想定ユーロレート

今期想定 期初想定
日本電産 95円 105円
三菱自動車 97円 103円
キャノン 100円 105円
リコー 100円 105円
ソニー 100円前後 105円前後
パナソニック 103円 103円
三菱電機 105円 105円
任天堂 105円 105円
マツダ 105円 105円
ホンダ 105円 105円

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Get Adobe Flash player