カテゴリー ‘ サクっとニュース

豪ドル一時77円台。金融規制強化

今日の豪ドルは今のところの安値77.96円をつけた。
5月に入り、ギリシャ問題などで円高で推移。

昨晩ドイツが株式、国債、CDSの空売り規制を発表。
19日午前零時から導入。
NYダウや原油が一気に下落。
資源国オーストラリアの下落が大きいのもこのためか。

金融規制の強化はこれからも続きそうだ。

19日には何も起きないんだろうけど・・・

ギリシャ国債が償還を19日に控え、ギリシャ国債の債務再編リスクはまだ根強い。たぶん19日は問題なしだけど。。。
なんだか気持ち悪いので為替も先物も参加を控えている。
しかし、今日の円高への動きはおしいことをしたな~と思わずにはいられない。
またもや、びびりすぎて失敗した感が否めないっす。
既に為替は昨日の水準に戻したので、こうなったら取り敢えず20日まで我慢しようと思う。(弱い決意でだけども!)

ユーロの存在は今後世界経済の中でどのような存在になっていくんだろう。
今日、ユーロドルはリーマン・ショック後の安値を割り込み約4年ぶりの水準になったが、(ユーロドル今日の安値1.2234ドル)下値目処はついていない。
今は切り替えしてユーロドルも昨日の水準に戻しているが、パルプンテ状態!
これから真の恐怖の始まり??

今日はおしいことをしたけど、無駄にリスクをとってしまうような投資は避けるべき?(謎のデイトレとか)
目先の金につい釣られてしまいそうになるのを抑えなければ!!

金価格が過去最高1240ドル。プラチナも上昇中・・・結婚指輪が高くなるよ

昨日金価格1240ドルをつけ過去最高を記録した。
今この記事を書いている時点では1238ドル。
リーマンショックのときは、たしか1000ドル超えたとか騒いでいたのに。

プラチナもどんどん値段を上昇している。
今焦っているのは、結婚指輪を買わなければいけないってこと!
プラチナ価格って結構関係あるんだって。
身近な問題でもあるんですね。

結婚指輪買う予定のある人は、ちょいと調べてみるといいかも。

プラチナの買取価格は、去年に比べると1800円ほど上がってる。
2009年5月は3500~3700台くらいで推移していたが、今月は5000円台に突入している。
今日の買取価格は、5,364円だって。
おっかないね~

ギリシャ支援第一弾

ギリシャは正式に支援を要請した。
まず、第一弾として、
ユーロ圏:145億ユーロ
IMF:55億ユーロ
の支援を決定した。

この支援は19日のギリシャ国債の償還(約1兆円)に使われる見通し。

ちなみに、先日発表した最大90兆円のギリシャ支援では、ドイツが14兆6000億円の負担だそう。
ドイツ国内で、不満の声が多いようだ。

追記
今日は、ポルトガルの10年債の入札がある。
これが、すんなり通れば問題ないが、なにかあればまた為替相場が乱高下しそう。
何か、建て玉をつくろうと考えている方は、この辺りのリスクも考えたほうがいいかも。
私は今日は傍観者決め込みます。

国の借金883兆円突破!

借金大国日本の借金もいよいよ素敵なことになってきてしまいました!

2009年度末の国債や借入金などをあわせた総額が882兆9235億円。
1年前に比べて36兆4265億円増えた。
10年度には、新たに財源不足を補うため44.3兆円の新規国債発行を予定している。

2009年度末時点で、国民一人当たり約693万円。
今話題のギリシャで、国民一人当たり約300万円程度。

1000兆円の大台も見えてきてますな。
財務省は10年度末には国の借金は、973兆円達するとみている。
間違いなく1000兆円超えは実現してしまう。

日本の公的債務残高の国内総生産(GDP)比率は09年末で218.6%。
アメリカが84.8%。イギリスが68.7%。

財政健全化で、消費税などの税金が引き上げられることは、間違いなさそうだ。
日本の消費税は5%と先進国の中でも低水準。
付加価値税(消費税に相当)の税率はスウェーデンが25%。
英国が17.5%、ドイツが19%、フランスが19.6%。

消費税の増税に関しては、いろいろ考えるところもあるけど、
(老後の保障を充実させる目的ではなく、財政健全化のためかよ!とかね)
どの程度消費税が引き上げられるか心配だけど、増税はもう仕方ないんじゃないのかな?
消費税上げても結果、破たんみたいなことにならないように、どのあたりがギリギリなんだろう?
個人的には、今の倍で10%までならなんとかできる。というかするよ!?

とりあえず、1000兆円超えたとき、どうなるんだろうね?
その時は、少しは健全化に向けて進んでいないと、日本終了かね?

ダウ400ドル以上上げたものの・・・

昨日の欧米の株式市場は大幅上昇で終了した。
イギリスは5%以上、フランスは9%以上、ダウは4%近く上昇した。
が、日本は冴えない動き。
100円を超える上昇で始まったものの前場終了にかけて、大きく下げて10539円(前日比+8円)で終了。

いわゆるギリシャショックは短期的には落ち着いたようだが、長期的な解決策とはみなせないという声もある。
また、ムーディーズがソブリン債を格下げを検討するという報道もあり、不安定な情勢が続きそうだ。
とりあえず、ギリシャ国債が償還を19日に控えているので、見届けたいところ。

アメリカ・ヨーロッパ株式市場 急伸

株式市場のすさまじい反発!
東京は今日、日経平均10530円で166円高。
現在市場が開いているアメリカ・ヨーロッパでは
ダウ400ドル以上、ナスダック100ポイント以上の上昇!
ナスダックは1年半ぶりの上昇を記録している。
為替も急激に円安方向に動いてる。

欧州連合や国際通貨基金(IMF)がソブリン債務危機解決に向けて大規模な対策を発表したことが効いているよう。
・支援が必要になったユーロ圏加盟国に総額5000億ユーロの融資・融資保証を提供する緊急支援措置。
・国際通貨基金(IMF)もさらに2500億ユーロを拠出。
だそうです。

ただ、短期的にはこれで落ち着きを取り戻しそうだとのことですが、長期的にこのような支援を続けることができるのか?という疑問の声もあるようで、まだまだ注意が必要ですな。
ギリシャの次の危険信号がともっているポルトガル、アイルランド、スペインの3カ国が金融市場から資金を調達できなくなった場合、2012年末までに4440億ユーロの支援が必要になる可能性があるという試算もでているみたい。

中国元が切り上げられるとどうなる?

中国の元が切り上げられると、どうなるんだろう?
ちょっと考えてみた。

中国の輸出が弱くなる。
中国は資源を買いやすくなる。
日本は中国へ輸出しやすくなる。
中国から日本への観光客の増加が見込まれる。
中国の元切り上げを見込んでいるお金が引き上げられ、バブル状態が落ち着く。
世界の資源を買いあさっている中国が元を切り上げさらに資源を買うようになると、資源の価格が上昇する。
etc

どんなペースで元を切り上げていくのか?
中国は3月の貿易収支は輸出よりも輸入が上回り赤字になっている。(72億4000万米ドルの赤字)
この事実が、どのくらい今後の政策の影響するだろうか?
いずれにしても、中国の輸出企業、中国から輸入している日本企業も大打撃をうけることになりそう。

中流階級の消費行動に変化

中流階級だという人たちの消費行動が変化しているそうだ。
普段のご飯にはお金をかけず、モノに執着心はない。
ほしいと思うモノはあまりない。
節約もキライではない。
のだという。

しかし、価値があると感じれば、そこには惜しみなくお金を使う。
周りに合わせてちょっと無理をする。ということはしないそうだ。
あくまで、自分が価値があると思えたものに対してはお金を使うということ。
消費行動が「マイペース」になっているのだと思う。
周りが車を買えば買う。ということはない。
レンタカーやシェアで充分だという人が増えているのも消費が「マイペース」になっているから。
大ヒット商品がでない理由も、そこにあるのではないだろうか。

一方で、自分を中流階級だと言える人が少なくなっているようだ。
もちろん私自身も下流だと思っている。
ほとんどの日本人が中流だと言えていた時代ですら羨ましく感じてしまう。

検察審査会の仕組み

今回、民主党小沢一郎が検察審査会で『起訴相当』となったことで、検察審査会ってなんだ!?と思った方もいると思います。
で、ちょいと解説を。

検察審査会とは?

選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人の検察審査員が、検察官が被疑者を裁判にかけなかったことのよしあしを審査している。
犯罪の被害にあった人や犯罪を告訴・告発した人から申立てがあった場合に審査を始める。
また、申立てがない場合でも、報道などをきっかけに審査を始めることもある。

起訴相当・不起訴不当・不起訴相当

議決は3種類あり、
11人中6人以上が不起訴で正しいと判断すれば「不起訴相当」
11人中6人以上がこの程度の捜査では納得できないと判断すれば「不起訴不当」
11人中8人以上が起訴すべきだと判断したら「起訴相当」
となる。

起訴相当の議決が出た場合

検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するかどうかを判断する。
(ただし、捜査に時間がかかる場合はさらに3カ月以内の延長もできる。)
起訴しなかった場合は、審査会がメンバーを変えて再審査する。
再度「起訴議決」をすれば、強制的に起訴される。

Ads by Google

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Get Adobe Flash player